日経コンピュータ 2009/11/25号

動向 技術者のための会計講座
迫る国際会計基準の強制適用その本質とITがなすべきこと
技術者のための会計講座

本誌は「技術者のための会計講座」と題し、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタントから講師に招いて、会計の基礎から国際会計基準(IFRS)へのシステム対応までを解説するセミナーを10月7日に開催した。講演内容のうち、国際会計基準の動向やシステム対応での注意点に焦点を当てて紹介する。(編集部) 法律に基づいた会計が日本では、実は3種類ある。(100〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6786文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 規格・法令(情報システム) > 情報システム関連の規格・法令全般*
ビズボードスペシャル > 法令 > 情報システム関連の規格・法令全般*
update:19/09/24