日経コンピュータ 2009/11/25号

特集 Part3
全員参加でシステムを作る

経営に資する情報化の施策と思えば、利用部門からの要望があろうとなかろうと計画を立て実行に移す〓。花王の情報システム部門はこう動く。Blue Wolfはその典型例だ。「海外市場で勝つためには、海外の標準システムに国内のそれを合わせるべき」とシステム部門は考え、利用部門を説得した。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4985文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集(32〜33ページ掲載)
蒼き狼を追う
特集 Part1(34〜37ページ掲載)
「情報は商品と同じ価値を持つ」
特集 Part2(38〜41ページ掲載)
原点はタイでの成功にあり
特集 Part3(42〜45ページ掲載)
全員参加でシステムを作る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
花王
update:19/09/24