日経コンピュータ 2009/11/25号

特集 Part1
「情報は商品と同じ価値を持つ」

経営を強化するには、商品開発力と同様に、情報やそれを生み出す情報システムのレベルを高めていく必要があるー。花王はこうした考えの下、生産や販売といった業務を支える情報システムを世界で統一した。Blue Wolfプロジェクトが完了した今、システム部門に在籍したこともある尾崎社長が、情報化の意義や狙いを語り尽くす。(34〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4265文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集(32〜33ページ掲載)
蒼き狼を追う
特集 Part1(34〜37ページ掲載)
「情報は商品と同じ価値を持つ」
特集 Part2(38〜41ページ掲載)
原点はタイでの成功にあり
特集 Part3(42〜45ページ掲載)
全員参加でシステムを作る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
花王
update:19/09/24