日経コンピュータ 2009/11/25号

特集 Part2
原点はタイでの成功にあり

花王の大改革の発端はタイ花王、しかも12年前の取り組みにある。タイ花王はシステム刷新によって効果を出した。この小さな成功体験に目を付け、アジア全域、欧州、米国、日本へと活動を広げていった。花王は最初から「世界標準システムを構築する」という野心的な長期計画を立てていたわけではない。危 機ゲームのやり方が変わった 「このままでは駄目だ。(38〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4220文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集(32〜33ページ掲載)
蒼き狼を追う
特集 Part1(34〜37ページ掲載)
「情報は商品と同じ価値を持つ」
特集 Part2(38〜41ページ掲載)
原点はタイでの成功にあり
特集 Part3(42〜45ページ掲載)
全員参加でシステムを作る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
花王
update:19/09/24