日経ヘルスケア 2009/12号

新政権の医療・介護施策 私はこう見る 日本福祉大学教授・副学長 二木 立氏
「中医協からの日医代表外しはプロセスに大きな問題がある」
日本福祉大学教授・副学長 二木 立 氏

 民主党がマニフェストや政策集で、医療費と医師数をOECDの平均並みに増やすという数値目標を示したことは画期的であり、私は高く評価している。だが、新政権成立から2カ月間の動きを見ると、医療政策決定のプロセスや手法には大きな問題があるし、改革の中身にも暗雲が垂れ込めている。(19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1292文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > その他(病院・薬局・施設経営)
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/27