日経ヘルスケア 2009/12号

特集1 徹底予測 2010診療報酬改定はこうなる
【精神医療】救急は体制充実を狙い引き上げ 療養入院料に大幅下げの可能性

 入院医療中心から地域への移行促進へ──。精神医療領域の診療報酬改定は、前々回、前回ともに、2004年9月に厚労省がまとめた「精神保健医療福祉の改革ビジョン」のコンセプトに沿って進められてきた。今回も、その流れは変わらないものとみられる。精神科急性期の充実は従来通りである一方、これまで手つかずだった慢性期医療に、ついにメスが入る可能性が高い。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3068文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 徹底予測 2010診療報酬改定はこうなる(24〜25ページ掲載)
徹底予測 2010診療報酬改定はこうなる!
特集1 徹底予測 2010診療報酬改定はこうなる(26〜27ページ掲載)
【全体動向】診療報酬の大幅増は見込めず 本体でプラス1〜2%巡る攻防に
特集1 徹底予測 2010診療報酬改定はこうなる(28〜30ページ掲載)
【外来・在宅医療】再診料の病診格差是正が焦点 在宅療養支援病院の要件緩和か
特集1 徹底予測 2010診療報酬改定はこうなる(31〜34ページ掲載)
【急性期入院・DPC】勤務医の負担軽減を後押し チーム医療・連携体制を評価
特集1 徹底予測 2010診療報酬改定はこうなる(35ページ掲載)
【慢性期入院】入院基本料は引き下げの可能性 救急患者受け入れに加算新設も
特集1 徹底予測 2010診療報酬改定はこうなる(36〜37ページ掲載)
【リハビリテーション】回復期リハの質の評価は継続 廃用症候群患者向けに新点数か
特集1 徹底予測 2010診療報酬改定はこうなる(38〜39ページ掲載)
【精神医療】救急は体制充実を狙い引き上げ 療養入院料に大幅下げの可能性
特集1 徹底予測 2010診療報酬改定はこうなる(40〜41ページ掲載)
【その他】有床診の入院基本料が再編へ 小児入院医療管理料に新点数も
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:19/09/27