日経ヘルスケア 2009/12号

REPORT 診療所
生活習慣病患者を引きつける 食事・運動療法成功の三つの法則
継続促すポイントは「楽しく」「皆で」「効果的に」

自覚症状が乏しく、通院を中断しがちな生活習慣病患者。教科書にあるような通り一遍の患者指導を行うだけでは、運動療法、食事療法の成果は上げにくい。体験型のプログラムを用意するなど、患者の意欲を引き出し継続受診につなげるためのポイントを、先駆的な診療所の事例を交えて紹介する。取材・文◎井田 恭子、久保 俊介 「料理長と相談し、料理の味つけを控えました。(68〜72ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5921文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設紹介
update:19/09/27