日経ヘルスケア 2009/12号

わが病院のIT戦略
院内の情報共有化を目的にIT導入 環境を整えた上で地域連携に活用
高橋 肇 氏 特定医療法人高橋病院 理事長

急性期病院から退院患者を受け入れ、リハビリを提供する後方病院の役割を果たしている高橋病院。理事長の高橋肇氏は、電子カルテ導入から地域連携システムへの参加に至った経験から、「院内外の連携を進めて病院機能を強化する上でITは欠かせない」と話す。(93〜95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3744文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療・製薬向け情報システム
情報システム > 特定業務システム > 医療・製薬向け情報システム
update:19/09/27