日経ソリューションビジネス 2009/12/15号

ニュースレポート ICT関連事業は軒並み棚上げ 政府の事業
ICT関連事業は軒並み棚上げ政府の事業仕分け作業が完了

 行政の無駄使いの削減を目的に民主党連立政権が実施した「事業仕分け」が、11月末に終わった。レセプト(診療報酬明細書)のオンライン化や学校ICT(情報通信技術)関連など、前政権でICT分野の中核だった事業は軒並み、来年度予算計上の見送りや事業規模の縮小・廃止に追い込まれる結果となった(写真)。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2277文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
政治・経済・社会 > 国内財政 > その他(国内財政)
update:19/09/25