日経ソリューションビジネス 2009/12/15号

特集 受注を生む切り返し術 縮減・見送り・連結を乗り越える
受注を生む切り返し術
縮減・見送り・凍結を乗り越える

IT投資予算の縮減、開発案件実施の見送り、実施途中のプロジェクトの凍結を決断する顧客が増えている。可能な限りコストを削減し、景気後退に伴う業績の悪化を抑えるためだが、すべての要望を受け入れればソリューションプロバイダの経営が立ちゆかなくなる。自らの業績悪化に直結する縮減・見送り・凍結を切り返す創造的な提案が今、求められている。(16〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7886文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 受注を生む切り返し術 縮減・見送り・連結を乗り越える(16〜25ページ掲載)
受注を生む切り返し術
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/25