日経ソリューションビジネス 2009/12/15号

連載 受注をもたらす事例作成術 読み手が関心を示すようにプロファイリング
読み手が関心を示すようにプロファイリングで事前分析

導入事例の内容次第で、見込み客からの引き合いは変わる。読み手の知りたい点に応えていれば、反応は良くなるはずだ。どうすれば読み手が関心を示すかを分析する方法が、プロファイリングである。製品を訴求したい相手の姿が同手法で明確になれば、導入事例で強調すべき点が決まってくる。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4483文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > 営業・販売・マーケティングスキル
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 営業・販売・マーケティングスキル
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
update:19/09/25