日経ビジネス 2010/02/01号

特集 ポイントバブル 崩壊前夜 電子マネーがあ 後半
電子マネーが世界を変える 脱・ガラパゴスの挑戦

 電子マネーは1人1枚の時代——。日本銀行によると、2009年1月、日本の電子マネー発行枚数は1億枚、決済金額は年間8000億円を超えた。 セブン&アイ・ホールディングスの「ナナコ」、イオンの「ワオン」、東日本旅客鉄道(JR東日本)の「スイカ」、ビットワレットが運営する「エディ」…。日本では幾多の電子マネーが顧客を囲い込もうと乱立する。(44〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5161文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ポイントバブル 崩壊前夜 電子マネーがあ 前半(38〜43ページ掲載)
ポイントバブル  崩壊前夜 電子マネーがあおるデフレスパイラル
特集 ポイントバブル 崩壊前夜 電子マネーがあ 後半(44〜47ページ掲載)
電子マネーが世界を変える 脱・ガラパゴスの挑戦
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > ネット決済・電子マネー
update:19/09/24