日経コミュニケーション 2010/02/01号

編集長インタビュー 弓削 哲也 ソフトバンクテレコム 専務取
もっと高度なネットワーク実現へ 原口ビジョンは適正な進化の契機
弓削 哲也 ソフトバンクテレコム 専務取締役専務執行役員 兼 CTO 研究本部長 兼 渉外部担当

2009年12月に示された「原口ビジョン」。国内の全4900万世帯にブロードバンドを広げるとする。その実現に向けてポイントになるのが,巨大なインフラを持つNTTと,そのインフラを安く公正に使いたいとする他の通信事業者の間の競争政策や,無線ブロードバンド・サービスの進化を左右する周波数政策。今後の方向性についてソフトバンクテレコムの弓削専務に聞いた。(48〜50ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4177文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
【記事に登場する企業】
ソフトバンクテレコム
update:19/09/26