日経コミュニケーション 2010/02/01号

ニュース解説5 セキュリティ・ウォッチ
国内で被害が続出するガンブラー
相次ぐWebページ改ざん攻撃,対策の現実解は改ざんチェック

 「ガンブラー」が猛威を振るっている。東日本旅客鉄道(JR東日本),本田技研工業をはじめ,大手企業のWebサイトが改ざんされたことで,テレビのニュースでも取り上げられるほど注目度が高まった。 攻撃者は,まずWebサイト管理者(コンテンツの管理者)のパソコン(PC)に攻撃を仕掛けてWebサーバーへのFTPアカウント情報を盗み出す。(22〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3027文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > Webサイト改ざん
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
update:19/09/26