日経コミュニケーション 2010/02/01号

連載1 仮想化環境での ネットワーク設計術 第3回  仮想化ネットワークの構成を考え
考慮すべきは冗長化と負荷分散 重要なのは物理NICの設定
第3回 仮想化ネットワークの構成を考える

今回は,サーバー仮想化でのネットワーク設計について説明する。重要なのはループを回避しつつ冗長化すること。最大のポイントは物理NIC(network interface card)の使い方にある。この際,物理スイッチの機能や構成によって,利用できる機能が違ってくる点に注意が必要である。(58〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7206文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム設計手法
update:19/09/26