日経コミュニケーション 2010/02/15号

ニュース解説1
KDDIがCATVの4割強を手中にJ:COMへの資本参加が呼ぶ波紋

KDDIはCATV大手のジュピターテレコム(J:COM)を傘下に収める。両社にはNTTという共通のライバルがあり,もともと相思相愛とも言える間柄だった。NTT対抗の大きな軸に育つ可能性がある一方で,両社が結束して“1+1”以上の力を発揮するには多くの課題が残っている。 KDDIは2010年1月25日,CATV最大手のジュピターテレコム(J:COM)に資本参加すると発表した。(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2369文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 投資・経費
通信・ネットワーク・放送 > 放送サービス(旧) > ケーブルテレビ放送(旧)*
【記事に登場する企業】
KDDI
ジュピターテレコム
update:19/09/26