日経コミュニケーション 2010/02/15号

特別リポート
PC側対策はぜい弱性確認からサイトは痕跡確認とFTP制限を

 Gumblar攻撃は時間の経過とともに巧妙かつ複雑になっている。例えばウイルス対策ソフト・ベンダーの報告によると,Gumblar攻撃で使われる不正プログラムの亜種は数十種類も確認されている。しかもその一部はウイルス対策ソフトでは駆除できない。今までの攻撃ではFTPアカウントの情報が盗まれたが,それ以外の情報の盗用に関してはまだ解明されていないのが実情である。(48〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5999文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > バグ・セキュリティホール
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 通信プロトコル全般
update:19/09/26