日経メディカル 2010/03号

トピックス
メタボ腹囲のカットオフ値は男85、女80cm 厚労省研究班が12のコホート研究を検討

 メタボリックシンドロームの診断基準について検討している厚生労働省の研究班(研究代表者:東大糖尿病・代謝内科教授の門脇孝氏)は、全国の12のコホート研究を統合して解析した結果、腹囲のカットオフ値は男性85cm、女性80cm前後と算出されたことを公表した。 研究班が解析した対象は、40〜74歳の男性約1万7000人、女性約1万9000人。(57〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3296文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
update:19/09/27