日経メディカル 2010/03号

ニュース追跡 1
繰り返された誤薬投与
愛媛の病院で別の患者の持参薬を投与、死亡

今年1月、愛媛県立新居浜病院の入院患者が別の患者の持参薬を誤って投与され、その後死亡した。看護師や医師が薬袋の氏名確認を怠ったのが原因だ。同病院は昨夏も同様の事故を起こしていた。 80歳代の男性患者が愛媛県立新居浜病院に来院したのは2010年1月21日のこと。胸の苦しさを訴え、長女に付き添われて総合外来を受診した。(65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1485文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 医療事故
update:19/09/27