日経コミュニケーション 2010/04/01号

潮流 「情報大航海」で見えてきたもの
Googleの枠超える基盤を開発 目指すは行動履歴のビジネス活用
「情報大航海」で見えてきたもの

経済産業省が2007年4月から3カ年で実施した情報大航海プロジェクトが先頃終了した。成果は行動履歴や映像といった情報の収集・解析技術や,サービス化を阻んでいた著作権法の改正など。今後,様々な産業を活性化させる可能性を秘める。その技術を詳しく解説しよう。(44〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10525文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
update:19/09/26