日経コミュニケーション 2010/05/01号

特集 NTTコミュニケーションズのサービス研究
“高信頼”でもサポート内容に違い [保守・サポート]
“高信頼”でもサポート内容に違い [保守・サポート]

 NTTコムが提供する企業向け回線サービスは、標準仕様として回線保守がセットになっている。高度な個別監視、より人手がかかる保守など、セット提供される保守のカバー範囲を超える内容については、有償オプションとして提供される(図8)。サービスとして保守業務のアウトソーシングにも対応する。(24〜27ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4595文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 NTTコミュニケーションズのサービス研究(12〜15ページ掲載)
WANからクラウドまで混とんとするサービス群最適解を引き出すポイント
特集 NTTコミュニケーションズのサービス研究(16〜17ページ掲載)
ユーザー層で分かれるNTTコムの事業体制 三つの事業本部にユーザーとの接点
特集 NTTコミュニケーションズのサービス研究(18〜23ページ掲載)
4種類のVPNは“内側”から押さえる [サービス]
特集 NTTコミュニケーションズのサービス研究(24〜27ページ掲載)
“高信頼”でもサポート内容に違い [保守・サポート]
特集 NTTコミュニケーションズのサービス研究(28〜31ページ掲載)
コンタクトセンターとAMを使いこなす [営業体制]
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
【記事に登場する企業】
NTTコミュニケーションズ
update:19/09/26