日経ビジネス 2010/06/07号

決断のとき 人
荒井 秀樹 氏[日本障害者ノルディックスキーナショナルチーム監督] 情熱が導いた金メダル

 バンクーバーパラリンピック、ノルディックスキー距離男子10kmクラシカル立位。一番最初にゴールテープを切った日本代表選手、新田佳浩に駆け寄り、全身で喜びを表現する人物がいた。日本障害者ノルディックスキーナショナルチーム監督、荒井秀樹だ。 「荒井さんは僕たち選手よりも喜んでいた」 新田は当時の様子を思い出し、こう微笑む。(104〜106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4535文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > スポーツ
update:19/09/24