日経NETWORK 2010/07号

これで納得 ニュースの裏側2
著作権法改正でキャッシュ導入に道 ヒット率向上をうたう新技術が登場

 ブルーコートシステムズが6月9日に発表した通信事業者向けキャッシュアプライアンス「Blue Coat CacheFlow アプライアンス 5000シリーズ」(以下、CF5000)は、キャッシュの効率を高める新たな仕組みを備えている。ここでいうキャッシュとは、クライアントがWebサーバーにリクエストしたコンテンツを、通信を中継するプロバイダーなどが蓄積しておくこと。(20〜21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2893文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 知的財産・特許(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会の知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > 政治・経済・社会の知的財産・特許
【記事に登場する企業】
ブルーコートシステムズ
update:19/09/26