日経WinPC 2010/08号

特集2 オーバークロックの極意 AMD製ユーティリティー「OverDri
AMD製ユーティリティー「OverDrive」驚くほど細かなオーバークロック設定が特徴

 「AMD OverDrive」はAMDが無償で提供するソフトだ。倍率可変のCPU「Black Edition」と組み合わせると、「Turbo Core」が有効になった状態のCPUの倍率をコアごとに設定可能。システムの監視機能も優れている。だが、オーバークロックの設定してもうまく動作しないことが多かった。BIOSでの設定をお薦めする。(111ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1137文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 オーバークロックの極意 ベースクロックからCPUの動作周波数(104〜107ページ掲載)
倍率可変CPUでどう変わる?
特集2 オーバークロックの極意 Intelの倍率可変CPUが登場(108〜109ページ掲載)
Intelの倍率可変CPUが登場BIOS設定でオーバークロック
特集2 オーバークロックの極意 Intel「K」シリーズの実力(110ページ掲載)
Intel「K」シリーズの実力をベンチマークテストでチェック
特集2 オーバークロックの極意 AMD製ユーティリティー「OverDri(111ページ掲載)
AMD製ユーティリティー「OverDrive」驚くほど細かなオーバークロック設定が特徴
特集2 オーバークロックの極意 メーカーの特色が出る(112〜114ページ掲載)
メーカーの特色が出る マザーボードのオーバークロック機能
特集2 オーバークロックの極意 自動オーバークロック機能(115ページ掲載)
自動オーバークロック機能でi7-875Kをパワーアップ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
update:19/09/27