日経エレクトロニクス 2010/07/12号

解説2
広がり始めたデジタル電源
1ドル台のDSPマイコンが起爆剤

†DSPマイコン=一般的な汎用マイコンに,DSP的な要素を融合させたもの。ハーバード・アーキテクチャ,ループ制御をハードウエアで実行する機能などが特徴。10年ほど前から,国内外の半導体メーカーが投入し始めた1)。注1)同方式は,POLコンバータ,特にパソコンのマイクロプロセサ向けVRM(voltage regulator module)などで既に実用化されている。(63〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:14520文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > CPU・マイコン
update:18/07/26