日経パソコン 2010/07/26号

ニュース&トレンド ラボラトリー
iPadは仕事でどこまで使えるか?
閲覧用なら問題なし、Office文書の編集やファイルの扱いが難関

 iPadは2010年5月28日の発売以降、爆発的な人気を集め、入手が難しいほど売れている。企業が導入する話も枚挙にいとまがなく、仕事用の端末として使いたい個人ユーザーも多いことだろう。ここでは、iPadをパソコンの代わりに仕事で使う場合の実力を検証する。どんな使い方をするユーザーならパソコン並みに役立つのかを見ていこう。 実際に検証する前に、価格について触れておこう。(12〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5521文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > 電子辞書・電子ブック端末
update:18/07/26