日経パソコン 2010/07/26号

特集 Windowsの不満解消大作戦
XPで過去の速さを取り戻すテクニック

 「すぐに使いたいのに、なかなか起動しない」「マウスポインターは動くのにソフトが反応しない」─。Windowsは使い込むうちに速度がどんどん低下していき、イライラさせらせることがしばしば。ではなぜ、Windowsは動作が遅くなっていくのか。その原因はさまざまだ(図1)。 まず、真っ先に疑うべきはウイルスの感染だ。(38〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9239文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 Windowsの不満解消大作戦(36〜37ページ掲載)
Windowsの不満解消大作戦
特集 Windowsの不満解消大作戦(38〜45ページ掲載)
XPで過去の速さを取り戻すテクニック
特集 Windowsの不満解消大作戦(46〜51ページ掲載)
慣れないWindows 7の操作を快適化する
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
update:18/07/26