日経コミュニケーション 2010/08/01号

ネットワークトラブルへの対応術 負荷分散装置 可用性を高める負荷分散装置の死角
配置を誤ると通信が停止することも 通過させないデータの見極めが重要
可用性を高める負荷分散装置の死角

負荷分散装置を使うと、通常時はアクセスの集中を防ぎ、障害時にはバックアップに切り替えるなどシステムの可用性を高められる。ただし負荷分散装置の導入が原因で、通信が停止しまうこともある。装置を通過させないほうがいいデータを見極め、適切なネットワークトポロジーを採ることが重要だ。(60〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4767文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > クラスタリング・負荷分散ソフト*
通信・ネットワーク・放送 > トラブル(通信・ネットワーク・放送) > 企業ネットワークのトラブル
update:19/09/26