日経メディカル 2010/08号

行政ウォッチ
全滅!日医連の参院選候補者
2012年“ダブル改定”に影響も

7月11日の参議院議員選挙で、日本医師連盟が推薦・支援した3候補が全員落選した。政界での日本医師会の影響力低下は必至で、2012年の診療報酬と介護報酬の同時改定などに悪い影響が出そうだ。 日医の政治団体、日本医師連盟は、今回の参院選の比例代表で、民主党新人の安藤高夫氏を推薦し、自民党現職の西島英利氏とみんなの党新人の清水鴻一郎氏を支援した。(41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1466文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/27