日経メディカル 2010/08号

トレンドビュー 3
早期前立腺癌に監視療法
治療開始の判断は病状の進行を見て

PSA検診の普及によって、前立腺癌の拾い上げが進む一方で、進行リスクの低い早期癌に対する“過剰治療”が問題になっている。患者の不利益を最小限にするため、監視療法に取り組む医師が増えている。 「あなたは、残念ながら前立腺癌でした。治療法はいくつかありますが、現時点ではどれが一番いいか最終的な結果は出ていません。(32〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2741文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:19/09/27