日経メディカル 2010/08号

トレンドビュー 5
産科医療補償が本格稼働
無過失補償を他科に広げる足がかりとなるか

昨年1月にスタートした「産科医療補償制度」が軌道に乗り始めた。補償件数は7月末で52件に達し、事例の原因分析報告書の公表も始まった。一方で、補償額をはじめ見直すべき点も明らかになってきた。 産科医療補償制度は、医療側の過失の有無にかかわらず、分娩時の医療事故で重度の脳性麻痺に陥った児および家族に金銭的な補償を行う、日本の医療界初の無過失補償制度だ。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2046文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ関連の法令・資格)
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > その他(医療・バイオ関連の法令・資格)
update:19/09/27