日経メディカル 2010/08号

プラクティカル講座
【ピロリ除菌 up to date】第2回疫学と検査法
治療後は必ず除菌判定を

日本では50歳以降に感染者が多いピロリ菌。今回は、ピロリ菌の疫学、感染診断、除菌判定の実際について、日本ヘリコバクター学会のガイドライン2009改訂版を基に、弘前大の下山氏が解説する。 ピロリ菌は1982年、オーストラリアのB.マーシャルとR.ウォレンによって初めて報告されたグラム陰性の螺旋もしくは彎曲した2.5〜3.0×0.45〜0.5μmの桿菌である。(79〜82ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4796文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この連載全体

プラクティカル講座
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 症例
update:19/09/27