日経ビジネス 2010/08/23号

特集 延べ240社・6種収益ランキングに見る  3章 勝ち組に学ぶ突破策
好景気は自分で作る

 富士フイルムホールディングスが今、中国をはじめとしたBRICsで猛烈な販売攻勢をかけている。売り込むのは大衆価格のデジタルカメラだ。 新興国は総じて人口が多いうえに、デジカメなど趣味品の普及率はまだ低い。とりわけ中低価格の大衆市場は開拓余地が大きく、今後、爆発的拡大が期待できる。だが、日本企業はこれまでほとんど手をつけていなかった。(30〜34ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6519文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 延べ240社・6種収益ランキングに見る (20〜21ページ掲載)
延べ240社・6種収益ランキングに見る 低温景気に勝つ企業
特集 延べ240社・6種収益ランキングに見る  1章 新興国市場が牽引(22〜25ページ掲載)
拡大する電子景気
特集 延べ240社・6種収益ランキングに見る  2章 景気不安(26〜29ページ掲載)
米欧が「主犯」の嘘
特集 延べ240社・6種収益ランキングに見る  3章 勝ち組に学ぶ突破策(30〜34ページ掲載)
好景気は自分で作る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > その他(企業・組織)
update:19/09/24