日経ビジネス 2010/08/23号

敗軍の将、兵を語る 人
腰原 愛正 氏[長野県知事選挙候補者、前同県副知事] タレント知事などいらない

 私は8月8日に行われた長野県知事選で、自民党と公明党の支援を受けて立候補しました。しかし、約5000票の僅差で民主党が推薦した阿部守一氏に敗れました。 今回の知事選の立候補者の中で、私は唯一、生まれも育ちも長野県です。恐らく、このまま長野の土に骨を埋めることになります。生粋の信州人として、長野県を良くしたいという気持ちは誰にも負けません。(90〜93ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4876文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
公明党
update:19/09/24