日経コンピュータ 2010/09/15号

徹底取材
時系列データを瞬時に分析 大量×複数条件を自在にこなす
CEP(複合イベント処理)

株式のアルゴリズム取引や渋滞情報の処理などで注目を集めているのがCEP(Complex Event Processing:複合イベント処理)だ。同技術は、時系列に取得した大量のデータのなかから、必要な情報を判断し、条件に基づき素早く処理する。今後はセンサー情報の処理などへの応用も期待されている。各製品の共通点や差異化ポイントを探った。(78〜81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3247文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
update:19/09/24