日経コンピュータ 2010/09/15号

SEよ大志を抱こう
「お客様第一」は戦略にあらず

「お客様を第一に考える」。企業のWebサイトでこんな文言を目にしたり、経営者が「経営戦略」として語るのを聞いたりすることがある。一見すると正しいようだが、よく考えてみると、これは戦略とは言えない。この言葉だけでは、社員の具体的な行動につながりにくく、単なるスローガンで終わってしまう恐れが大きい。三つの側面から、「お客様第一」という言葉の問題を考えてみよう。(88〜89ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2612文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24