日経ビジネスアソシエ 2010/10/05号

山崎元の経済元論
「保険会社に時価会計全面導入」が私の気持ちに引っかかった理由

新聞記事の中には、意味が直ちには分かりにくいが、気持ちに「引っかかる」ものが時々ある。 この種の記事は中身を考える価値がある。「日本経済新聞」(9月2日朝刊、7面)に載った「保険会社に時価会計全面導入 国内生保の純資産激減も」という見出しの記事はその類かもしれない。 「純資産」とは、資産から負債を差し引いた会社の価値、あるいは余裕に直結する概念だ。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1420文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
update:19/09/27