日経コミュニケーション 2010/11/01号

特集 企業の電話をもっと“スマート”に クラウ 4タイプのFMCを徹底解剖
4タイプのFMCを徹底解剖
規模と重視する機能によって分かれる解

 ユーザーの選択肢になるFMCは、携帯電話事業者が提供する従来型の「内線ワンナンバー型FMC」と、3タイプの新型FMCに分けられる。新型3タイプは、多様なアイデアを生かした「アイデア型FMC」、スマートフォンをVoIP端末として使う「モバイルVoIP型FMC」、ネットワーク経由のPBXと組み合わせる「クラウドPBX型FMC」だ。(17〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:14897文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 企業の電話をもっと“スマート”に クラウ オコシ/変化のきっかけはスマートフォンの(12〜16ページ掲載)
企業の電話をもっと“スマート”に
特集 企業の電話をもっと“スマート”に クラウ 4タイプのFMCを徹底解剖(17〜29ページ掲載)
4タイプのFMCを徹底解剖
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > その他(携帯電話・PHSサービス)*
通信・ネットワーク・放送 > 固定電話サービス > その他(固定電話サービス)*
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > その他(携帯電話・PHSサービス)*
update:19/09/26