日経コミュニケーション 2010/11/01号

公開質問 総務省に聞く
総務大臣交代で 「光の道」構想はどうなる?
戦略大綱に基づき議論を継続 11月にも最終報告を公表

原口一博前総務大臣が打ち出した「光の道」構想。ブロードバンドの利用率100%化を巡って通信業界全体を議論に巻き込んできた。その後、9月の内閣改造で総務大臣は片山義博氏に交代。政策に変更はあるのだろうか。背景 原口前総務大臣は、ICTタスクフォースの構成員を自ら選び、積極的に議論の方向性を指示するなど、政策決定プロセスに政治主導のスタンスで臨んできた。(62〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2383文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信・ネットワーク・放送) > その他(通信・ネットワーク・放送)*
【記事に登場する企業】
総務省
update:19/09/26