日経コミュニケーション 2010/11/01号

ココがおかしい!日本の情報通信
改善の余地があるモバイル新規参入の比較審査

 携帯端末向けマルチメディア放送の認定事業者が9月9日に決定した。免許取得を巡って火花を散らしたのは、NTTドコモと放送局5社が出資したマルチメディア放送(mmbi)と、KDDI、クアルコムが出資するメディアフロージャパンの2社。結局、免許を獲得したのはmmbiだった。 周波数割り当ての比較審査は、これまで密室で行われてきたという印象があった。(81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1807文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 法令・政策(通信・ネットワーク・放送) > 通信・ネットワーク・放送関連の法令・政策
ビズボードスペシャル > 法令 > 通信・ネットワーク・放送関連の法令・政策
update:19/09/26