日経コンピュータ 2010/11/10号

寄稿 仮想化が変えるシステム構築法
サーバー統合でグリーンITに貢献 シンクライアントも効果大
仮想化が変えるシステム構築法(第11回)

仮想化技術を活用することで、グリーンITに貢献できる。サーバーを統合して台数を減らす、仮想マシンを移動して“空きサーバー”を作るといった手法により、消費電力が削減可能だ。ITそのものをグリーン化する「Green of IT」、ITを利用してグリーン化に寄与する「Green by IT」の両面から解説する。(110〜113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3854文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 環境・エコロジー(パソコン・デジタルギア) > パソコン・デジタルギア関連のエコロジー*
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
ビズボードスペシャル > 環境 > パソコン・デジタルギア関連のエコロジー*
update:19/09/24