日経エレクトロニクス 2010/11/15号

特集 Light Peakは光るのか
パソコンやテレビをつなぐ光インタフェースが姿現す

 USBやHDMI,DisplayPort─。パソコンやテレビなどデジタル家電機器で利用する機器間インタフェースは,その種類を増す一方だ。 規格のバージョンアップも頻繁にあるため,機器が装備を迫られるコネクタの数も増えており,実装コストや筐体デザイン面での制約事項となっている。(28〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:963文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 Light Peakは光るのか(27ページ掲載)
Light Peakは 光るのか
特集 Light Peakは光るのか(28〜29ページ掲載)
パソコンやテレビをつなぐ光インタフェースが姿現す
特集 Light Peakは光るのか(30〜37ページ掲載)
第1部<総論> Intelの野望がよみがえらせた
特集 Light Peakは光るのか(38〜41ページ掲載)
第2部<最新開発状況> 送受信部は20Gビット/秒へ
特集 Light Peakは光るのか(42〜47ページ掲載)
第3部<広がる波紋> インタフェース業界に激震
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > 光ファイバー関連技術
update:18/07/26