日経エレクトロニクス 2010/11/15号

特集 Light Peakは光るのか
第3部<広がる波紋> インタフェース業界に激震
光配線導入には追い風か

注2) 2000年以降に少なくとも3回,民生機器への光配線導入の機運が大きく高まったことがあった。しかし,いずれも「期待はずれ」に終わった。まず2002年前後に,サーバーやルータ/スイッチなどに向けた光配線の導入が盛り上がった。続いて2005年ごろには,携帯電話機への搭載に向けた研究開発が加速した。(42〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8209文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 Light Peakは光るのか(27ページ掲載)
Light Peakは 光るのか
特集 Light Peakは光るのか(28〜29ページ掲載)
パソコンやテレビをつなぐ光インタフェースが姿現す
特集 Light Peakは光るのか(30〜37ページ掲載)
第1部<総論> Intelの野望がよみがえらせた
特集 Light Peakは光るのか(38〜41ページ掲載)
第2部<最新開発状況> 送受信部は20Gビット/秒へ
特集 Light Peakは光るのか(42〜47ページ掲載)
第3部<広がる波紋> インタフェース業界に激震
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > 光ファイバー関連技術
update:18/07/26