日経ビジネスアソシエ 2010/12/07号

山崎元の経済元論
民間給与実態統計調査から考える 女性が働きやすい家族のあり方

国税庁は毎年「民間給与実態統計調査」を発表しており、ネットでも見ることができる。 昨年の民間給与所得者の平均年収は約406万円で、前年比約24万円減(マイナス5・5%)と、幅・率ともに過去最大の落ち込みだった。金融危機とデフレ(消費者物価はマイナス1・4%)の影響があるとはいえ、これはひどい。ちなみに、過去最高額は1997年の467万円だった。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1418文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
【記事に登場する企業】
国税庁
update:19/09/27