日経パソコン 2010/12/27号

焦点
尖閣ビデオの公開は著作権侵害か

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突映像が「YouTube」に流出した問題。ほぼ同一内容のビデオが各会派や報道各社に提供され、事実上“正式公開”されたことで、一つの節目を迎えたように思われる。連日の熱を帯びた報道は筆者も興味を持って見ていたが、知人から「映像の著作権はどうなっているのか? YouTubeからダウンロードするのは違法なのか?」という質問をいただいた。(123ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1876文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 著作権管理・違法コピー防止
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > その他(知的財産・特許)
日経パソコンEdu用記事(非表示) > 連載 > 連載 2011年以前
update:18/07/26