日経ドラッグインフォメーション 2011/01号 別冊

日経DIクイズ
服薬指導 老人性肺炎に効く薬剤とは

 老人性肺炎は誤嚥性肺炎とも呼ばれ、大脳の基底核に血管障害のある患者に多く見られる。 大脳基底核が障害されると、基底核の一部にある黒質線条体から産生されるドパミンが減る。ドパミンの産生が減少すると、迷走神経知覚枝から咽頭や気管支に放出される神経伝達物質のサブスタンスPの量も減少する。(1〜2ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2122文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
update:19/09/27