日経ドラッグインフォメーション 2011/01号 別冊

症例に学ぶ医師が処方を決めるまで
尋常性ざ瘡(にきび)

 尋常性ざ瘡(以下、ざ瘡)はにきびとも呼ばれ、思春期以降に発症し、青年期以降には通常自然に軽快する。その発症には、顔面、胸背部の毛包・脂腺系の脂質代謝異常(内分泌的因子)、角化異常、細菌の増殖が複雑に関与している。(9〜12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5962文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 症例
update:19/09/27