日経レストラン 2011/02号

新・悩み解決クリニック
任せられる人がいないし 返済も残っているが、 2号店を考えてもいい?

 店を構えて何年かすると2店目の出店を考える人は多い。今回の相談者・下谷千尋氏もまさにその一人。脱サラ後、仕出し店で5年、焼き鳥店で5年半修業し、2007年、34歳のときに「やきとり千」を開業。「4年目(2010年)に入ってから、2店目を意識するようになった」という。 店があるのは、名鉄名古屋本線の新木曽川駅から徒歩1分の場所。(61〜64ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4560文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27