日経レストラン 2011/02号

大久保一彦の今これをやれ!!
人材の流出を防ぐには 分かりやすい目標を与えよ

 これまで飲食業では離職率が高くても仕方がないというムードが多少あった。だが、不況でも繁盛している店を見ると、長く勤めている社員やアルバイトが多い。経営者と話すと、視察や研修旅行、社内の技能コンテストなど、スタッフを育てる独自の工夫をしている。しかも、そのような仕組みを繁盛する前から持っていたケースがほとんどだ。(71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1481文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27