日経ビジネスアソシエ 2011/02/15号

明日への古典
心を和らげ得るものは、未来の生活における不可能な信仰のみ
J・K・ユイスマンス『さかしま』

 かくて彼は、ついに厭世主義の理論も自分にとって何らの慰安とはならず、ただ幾分なりとも心を和らげ得るものは、未来の生活における不可能な信仰のみであることを覚った。◆ 小説『さかしま』の主人公は恵まれた財産と暇と教養にまかせて、パリ郊外に趣味に徹した家を造る。そこで「高級ひきこもり」生活を満喫するためだ。(132ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1332文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
update:19/09/27